住宅用エアコンを持ち運べる状態にすることやとり備える工程で追徴される料金などは

実際に乗り、五感、ときに六感を働かせて確認しなければ、そのクルマが自分に合っているかどうか、快適に乗り続けることができるかどうかは判断できません。かく言う私も、クルマは乗ってみなければわからないことを実感しています。