ドライアイにならないよう、ソフトサンティアと眼鏡を利用します

ハードコンタクトレンズを長時間装着していると、目が乾き、コンタクトレンズが張り付いてくるような感じになります。そのため、ソフトサンティアという目薬を点眼し、瞳に潤いをプラスします。ソフトサンティアは涙に近い性質の人工涙液で、涙不足に伴うドライアイや異物感などの不快な症状を改善してくれます。

全てのタイプのコンタクトレンズを装着したまま点眼することができ、1回2~3滴、1日5~6回点眼するのが良いとされています。頻繁にソフトサンティアを点眼することで、瞳が潤い、ドライアイが緩和される気がします。

ハードコンタクトレンズを外すと爽快感を味わえますが、目に負担を掛けていたことを実感します。目を休めるためにコンタクトレンズを装着する時間を減らし、眼鏡で過ごすようにしています。

逆に眼鏡をかけっぱなしだと、鼻や耳などが疲れてくるので、コンタクトレンズと眼鏡をバランス良く併用しています。眼鏡で裸眼の時もソフトサンティアを点眼して瞳に潤いを与え、ドライアイ解消に努めています。

ロート ティアグロス 効果