肌のたるみの原因とセルフケア

肌がたるみやすくなるとしわが増え、老いて見えるようになりますので、対策を講じる必要があります。たるみは肌の弾力が低下することでできるのですが、肌の弾力が低下する原因にはさまざまあります。紫外線A波と、紫外線B波が、お肌のたるみの要因の一つになっています。

肌の弾力の元となっているコラーゲンやエラスチン等の成分は、紫外線A波が肌の深層に届くと壊れてしまい、もとの性質を失ってしまいます。紫外線が及ぼす肌への影響を阻止することができれば、肌の老化の7割には対処ができるといいます。肌がダメージを受ける理由の一つとして、健康に悪い生活習慣が上げられます。人間の体は眠っている間に体を癒すので、肌トラブルや肌老化のケアには、睡眠が欠かせません。肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの生成には、タンパク質やビタミンCなど、さまざまな栄養素が必要です。新しい肌の細胞をつくるための栄養は、食事等で補給しなければなりません。子供の皮膚はエラスチンやコラーゲンが多く、そのせいでふっくらとしたなめらかな肌をしています。加齢とともにしわやたるみが多くなるのは、若い頃は肌でつくっていたコラーゲンやエラスチンの生成力が低下するからです。自分の肌はどうしてたるんでいるかを十分に理解した上で、適切なケアをすることがポイントです。
http://www.escorts-bangkok.net/