インフルエンザ、我が家に上陸

我が家の長男、小学一年生。元気いっぱいで、今まで学校を休んだことはなかったのですが、昨日の朝から調子が悪そう。「お母さん、首と背中が痛い」と、早速熱を測ると38度。もしかすると、今流行っているインフルエンザ? とりあえず、学校に休みの連絡を入れて、自分の仕事先にも休むことを伝えました。息子はすぐに、そのまま布団に戻り、寝始めました。普段は、元気いっぱいに学校に登校する息子。顔を赤くして眠る姿を見て、辛そうだなぁ、大丈夫かなぁと心配になりました。息子が寝ている間に病院の予約。今は、何でもネット予約ができて便利ですよね。午前中は寝かせて、午後に病院に行くことにしました。息子が寝ている間に、気になっていた家の掃除。エアコンの掃除をして、部屋の照明にたまったホコリを拭き取って、窓についた結露を拭き取って、と張り切っていたら、そこに泣きべそ顔の息子が! 「どうした~?」「一緒に来て!」小学生になって、親離れしたかな?と思うことが多かった息子ですが、まだまだ親が恋しい年頃。体調が悪く心細かったようです。嬉しくてにやけてしまうのをグッとこらえて、心配顔に。一緒に布団に入ると、すぐに息子は寝始めました。結局、病院の予約時間まで息子は寝続け、病院での診察中も不機嫌。結果は、インフルエンザB型!今日は火曜日。日曜日まで集団に入るのはダメ!小学校も、習い事もお休みになりました。出かけることは出来ないけど、一緒にゆっくり家で過ごそうね!

老後資金は年金だけでは足りない