アルツハイマーの特徴

脳血管に異常が見られる認知症(ニンチショウ)患者はセオリーでは男の数が多いと考えられています。そして、アルツハイマー認知症(ニンチショウ)患者は女の数が多いと考えられているんです。アルツハイマータイプの認知症(ニンチショウ)はブレインの内部にアミロードベータと言われるタンパク質が蓄積しちゃんとした神経のセルが壊れてしまい、ブレインの萎縮を引き起こしてしまうのがその理由だと把握されております。

ところが原因のアミロイドβが蓄積する理由はハッキリと解明されていないです。脳血管型の、原因は高血圧、糖尿病の生活習慣病であることが多いので、これらの病気にならないように心がけるのがそのまま認知症(ニンチショウ)の予防につながります。その他にも脳の血流を妨げている原因となっている病気を治療してしまえばこのタイプの認知症(ニンチショウ)は改善されていく可能性が高いといえるでしょう。

軽度認知障害の予防には簡単に続けられるような脳に良い事を日々続けていくのがよいでしょう。