激戦

ミドルクラスのミニバン市場では、各社の競争が熾烈を極めている。トヨタのエスクァイア、ノア、ヴォクシー。ホンダのステップワゴン。ニッサン・セレナ。いったいどの車が生き残ることができるのでしょう。

日産のセレナは2013年12月にマイナーチェンジが実施されたばかりだ、早くも次期モデルの話題が持ち上がっている。ノア・ヴォクシーが好調なセールスを続け、それに対抗するためダウンサイジングターボで燃費向上を目指すステップワゴンの次期フルモデルチェンジなど、熾烈な戦いが続いている。長らくクラスナンバーワンとして君臨してきたセレナもいよいよフルモデルチェンジ噂が聞こえてきました。現行セレナは既に、S-HYBRIDとして2.0Lクラスミニバンで最も早くハイブリッドモデルの投入に成功している。これは簡易的なハイブリッドシステムなため燃費性能の向上は限定的で、エコカー減税100%対象を目的に装備されたものと見られている。
車を売る