釣りが大好きな私の話

私は、三度の飯の次に魚釣りが好きです。釣りを始めたのは、物心ついた頃からです。私の家の裏は、川になっているので魚の宝庫といってもいうくらい、色んな魚がいました。

コイ、フナ、ハヤ、うなぎ、などです。元々父が魚釣りをしていたので、毎日のように竿をかついでは、裏の川に、連れて行ってくれました。父が家に居る間は、遊んでいても、問題は無いのですが、一人で川に行ったりすると、ばあちゃんによく怒られたものです。どんなに暑い夏でも、どんなに寒い冬でも、釣り好きには、関係ありません。友達などにそんな話をしても、乗り気では無いのですが、釣り仲間と話していると、やはり自分の考えと共通しています。仮にもし、その日は何も釣れなかったとしても「また、釣ってやるぞ。」という気になります。そして、大物を釣り上げた時の醍醐味と言ったら何よりも変えがたいものです。
『ミュゼの予約方法ならココ』WEB予約方法を詳しく解説します

そんな事があるからこそ、魚釣りはやめられません。今年35になる私ですが、いくつになっても、その気持ちは変わりません。これからも大好きな釣りを楽しんでいきたいと思います